本文へスキップ

音楽で笑顔と活力を! コンサート、イベントの企画は、信頼の三籟堂へおまかせください!

 TEL.070-2664-7953   E-mail sanraidoh@gmail.com

〒176-0024 東京都練馬区中村3-16-11-105

アメージング・ライヴ! AMAGING LIVE!

二押し! アメージング・ライヴ!
(視覚障がいを持つアーティストと共に奏でるハートフルなコンサート)

 上記イチ押しコンサートの『ガイドヘルプ講座』がないバージョンで、演奏をメインとしたコンサートです。題して「アメージング・ライヴ!」 すばらしい演奏と生演奏の臨場感をたっぷり味わってください。ここでも安保弘介がMC役として司会進行を務めてまいります。
 このコンサートも、特に小中学生の音楽鑑賞会には最適! やはりご父兄の皆様にも是非見ていただきたい内容となっております。

                            プログラム例)こちらをご覧ください




視覚障がいを持ちながら演奏するということ 
 前項にて、代表・安保弘介が視覚障がいを持つアーティストを行うきっかけや思いなどを述べました。言い足りないことが山ほどあるのですが、またの機会にしまして、ここではまず視覚障がいを持ちながら演奏することとはどういうことかを述べましょう。

 私もそうですが、健常者のアーティストは楽譜が読めます。歌い手なら歌詞、楽器奏者なら旋律を目で追いながら演奏したりします。ある楽曲を頭で覚えて楽譜を見ずに演奏することを「暗譜で演奏する」と言います。私も苦手ではあります。合唱曲などは楽譜を見ながら歌うことも多く、メロディーはもちろん覚えているのだけど歌詞は見ても良い本番も多々あるのです。あるいは、ソロ・コンサートなどでも、若干心配なので一応保険として楽譜を置いておくケースもあったりと、つまりは私たちは『見るという選択ができる』わけです。
 しかし、弱視の方も含めて視覚障がいを持つアーティストは、どんな曲でも暗譜しなければなりません。覚えなければ演奏できません。それが自分のソロの曲でなく、ソロの伴奏(オブリガート)だとしてもです。アンサンブルも同様です(一部語弊がありますが/歌い手は点字楽譜を読みながら歌うことは可能/しかし皆さんほぼ暗譜します)。
 彼らは、点字楽譜に起こし、それを指先で読み取りつつ一小節ずつ覚えていきます。気の遠くなりそうな作業を延々繰り返してようやく演奏するまでにたどり着くのです。かける時間、エネルギー・・・、お分かりの通り健常者の比ではありません。
 もうかなり前になりますが、前事務所でオペラのハイライトを演奏したことがありました。この時の点字楽譜はトランク2個分にもなったとのこと。数年前にデジタル・タイプの点字楽譜の記憶装置ができるまでは、皆さんこのように紙の点字楽譜を触りいちいち音を確認しながら練習していたのです(尚、もちろん今でも紙の点字楽譜は使われています)。


 「アメージング・ライヴ」の素晴らしさ! 
 「アメージング・ライヴ」の素晴らしさ・・・、一言では表しきれません。ライヴというタイトルの通り、生で見て肌で感じてください!
 皆さん「うまい」です!


 
コンサート後の変化(効果) 
 これもまた「アイ ライヴ&レクチャー」と同じような効果がありました。特に子どもたちは、コンサートで大きな刺激を受け、ピアノを中心に、ヴァイオリンやフルートなどの楽器を習い始める子が出ました。あるいは、もともと習っていたけれどあまり熱心でなかった子が、このコンサートをきっかけに見違えるほど練習するようになり急激に上達した、というようなことをよく聞きました。
 大人も衝撃を受けるようですよ。アーティストにもよりますが、そのダイナミックな演奏を見て、しばらくボーっとして立ち上がれない人、感動のあまり涙が止まらなくなってしまう人・・・、すばらしい演奏がいかに人々に大きな影響を与えるか、私はまさに一番身近で見てきましたのでね。もう言葉はいらないでしょう・・・。
 まず見てください。


プログラム例)こちらをご覧ください →

 できれば、視覚障がいを持つアーティスト3人以上の編成をおすすめ致します。
(例1:ヴァイオリン、ヴィオラ、フルート/例2:ヴァイオリン、フルート、ギター)。
 アンサンブルの妙など、見どころ、聴きどころ満載です!
 尚、ナビゲーター役&テノール歌手として安保弘介が入ります。


 
当日までの具体的な流れ 
   1.お客様からのご依頼〈メール、電話等〉
   2.だいたいのご予算のご提示
   3.コンサート・プランのご提案とお見積り
   4.日程、人数等、プランの詳細についてのご提案など
   5.ご契約
   6.お打ち合わせ(なるべく事前に一度はお客様のもとへ伺いたいと思います)
     (遠方で事前に伺えない場合、より綿密なお打ち合わせをさせていただきます)
   7.本番(当日、会場にて演奏のリハーサルをさせてください)
   8.終演後も、お時間の許す限り、記念撮影など参加者の皆様とふれあいの時間を持てたら
     嬉しいです。
   9.お支払い(当日、後日どちらでも)


その他  資料づくり(プログラムの作成/安価なもので結構です)をお願いしております。
     原稿はSANRAIDOHからメール等にてお送りしますので、お客様人数分の印刷をお願い
     します(A3一枚/A4にて4ページ)。


 コンサートやイベントのスナップ
 (学校、ホール、教育委員会、社会福祉協議会、企業、実行委員会等主催の各催し物)











店舗イメージ

shop info.店舗情報

三籟堂(SANRAIDOH)

〒176-0024
東京都練馬区中村3-16-11-105
TEL.070-2664-7953
FAX.03-6760-0734