本文へスキップ

音楽で笑顔と活力を! コンサート、イベントの企画は、信頼の三籟堂へおまかせください!

 TEL.070-2664-7953   E-mail sanraidoh@gmail.com

〒176-0024 東京都練馬区中村3-16-11-105

アイ ライヴ&レクチャー EYE (AI) LIVE & LECTURE

イチ押し! アイ ライヴ&レクチャー
(視覚障がいを持つアーティストのすばらしい演奏とガイドヘルプ講座)
 小中学校の音楽鑑賞会に最適の内容です!

 視覚障がいという大きなハンディを持ちながらプロの演奏家として全国各地で華々しい活躍を遂げているアーティストと共に奏で語り合うコンサート。
 この
「アイ ライヴ & レクチャー」では、MC・安保弘介が軽妙な語り口にて、視覚障がいを持つアーティストと語らいながら進めてまいります。そして、コンサートの途中で『ガイドヘルプ講座』を行います。
 視覚障がい者の方への声のかけ方から始まり、最後はエスコート実践を行います。
 
特に小中学生の音楽鑑賞会には最適! 合わせてご父兄の皆様にも見ていただきたい内容となっております。
                                   プログラム例はこちら →



何故「アイ ライヴ & レクチャー」を行いたいか・・・ 
 代表の安保弘介が視覚障がいを持つアーティストを知るようになったのが1997年のことです。
前事務所で行っていたあるコンサートを通じて公私にわたる交流が始まったのでした。
 それまでは、視覚障がいに関する知識はまったくありませんでしたが、この20年の彼らとの歩みは私の人生にとって代えがたいすばらしいものになりました。
 ところで、日本は弱者にやさしい国だと言われます。確かに近隣諸外国と比べるとそうかもしれません。落としたお財布が持ち主に戻ってくる国は日本だけだ、なんてこともよく言われますね。最近は車を運転していて道を譲り合うことも多くなり、自転車のマナーもよくなってきた気がします。とりわけ身体の不自由な方、妊娠している方などへの気遣いの精神は、以前とは比較にならなくなったような気がします。電車の各車両には優先席がない車両などなく、地下鉄のバリアフリー化もほぼ完成、トイレもペーパー完備の公衆トイレがいたるところにありますね。そんな国は日本だけかもしれません。本当にすばらしい国です。
 しかしながら、だからこそかもしれませんが気になることも多々ありましてね。その昔、子育て真っ最中の時にベビーカーを押していて一番気になったのが歩道にかかる道路のたった3センチの段差です。また、交差点における歩道の傾斜も然りです。ほんの少しの傾斜でさえよろめくことがあるのですね。健常者の私でさえそうなのですから、ましてや車椅子の方、妊娠中にも関わらず大きなお腹でベビーカーを押しているおかあさん、あるいは手押し車(シルバーカー)を押しているお年寄りなどはなおさらです。
 そして視覚障がいにとって道しるべともいうべき点字ブロックを阻む放置自転車などを見るにつけ、「なるほど、これは放置する側もそれが問題であることがわからない(知らない)のだな」と思うようになりました。これは「障害物になることを知らしめなければいけない」と強く思うようになったのです。
 その後も、例えば盲導犬にエサをあげようし断られ激昂したご老人、電車に乗り込む時に危うくホームの隙間へ落ちそうになった視覚障がい者の青年、エスカレーターで転倒しそうになった同じく視覚障がい者のご婦人など、私から少々離れた場所にいたがために手を差し伸べられなかったシーンを省みつつ、一人でも多くの人が視覚障がい者をはじめ日常のさまざまな場面で困っている人たちに堂々と声を掛け、助けてあげられる社会になったらいいなあ〜、と強く強く思うようになった次第です。
 話しが長くなってすみません。


一番やりたいこと ⇒ ガイドヘルプ講座 
 この私たちが行う
「アイ ライヴ&レクチャー」では、演奏のほか、障がいを持つアーティストの生の声を聴いていただきます。そして、彼らの協力のもとに、視覚障がい者の方への声のかけ方、エスコートの仕方をレクチャー致します。また、実際にアイマスクをして歩いていただきます(3〜4人/これは本当に大変です!)。そして、最後にエスコート実践(3〜4人/必ずできるようになります)を行います。


 
コンサート後の変化(効果) 
 これまで、このコンサートをしてきて一番良かったと思えたのは、参加した方の劇的な変化が必ず見られたことでしょうか。特にステージ上でエスコート実践に参加した小中学生は顕著です。おおむねボランティア活動により積極的になり、弱者をいたわる姿勢をより持つようになりました。
中には点字を学びたい、ガイドヘルパーをしてみたい、盲導犬訓練士になりたい、福祉系大学へ進みたい、などと夢を持つ子どもも出てきました。
 また、そこまで行かずとも、障がいというハンディを乗り越えアーティストとして活躍している彼らを見て、私ももっと頑張りたい! と大半の子どもが思うのでした。
 このことこそが、何物にも代えられない大きな財産なのでは、と改めて思った次第です。

 ところで間違ってはいけないのが、障がい者本人が望まない過剰なまでの助けは不要だということです。その辺りのことも十分に踏まえてレクチャー致します。障がい者の皆さんも、基本的に一人で生活しているのです。できることはご自分ですべきなのです。なんでもかんでもできないと仮定してやってあげるのは危険です。できることもできなくなってしまいます。そうですね。私の経験上、やはりご本人に直接「YES or NO」を聞くのが一番良いと思います。コミュニケーションがより深まりますし、さりげない会話、楽しい会話が何よりも大切なのだと常々実感しております。
 また、皆さんそれぞれ個性豊かです。人によってルーティンも異なるし好みもバラバラです。ガイド時右腕を貸してもらいたい人もいれば、肩を貸して欲しい人もいます。貸す腕の位置も真ん中を持ちたい人、肘近くを持ちたい人、さまざまです。そういったこともまず聞きましょう。
 何ごとも、会話が第一です!


プログラム例)こちらをご覧ください →


 
当日までの具体的な流れ
   1.お客様からのご依頼〈メール、電話等〉
   2.だいたいのご予算のご提示
   3.コンサート・プランのご提案とお見積り
   4.日程、人数等、プランの詳細についてのご提案など
   5.ご契約
   6.お打ち合わせ
     (なるべく事前に一度はお客様のもとへお伺いしたいと思います)
     (遠方で事前に伺えない場合、より綿密なお打ち合わせをさせていただきます)
     (できれば、お打ち合わせ時までにガイドヘルプ講座の人選をお願い致します。
      概要説明と練習を行えると当日の進行がよりスムーズになります。/20分程度)
   7.本番(当日、会場にて演奏のリハーサルとガイドヘルプ講座の練習をさせてください)
   8.終演後も、お時間の許す限り、記念撮影など参加者の皆様とふれあいの時間を持てたら
     嬉しいです。
   9.お支払い(当日、後日どちらでも)


その他  資料づくり(プログラムの作成/安価なもので結構です)をお願いしております。
     原稿はSANRAIDOHからメール等にてお送りしますので、お客様人数分の印刷をお願い
     します(A3一枚/A4にて4ページ)。


 コンサートやイベントのスナップ
 (学校、ホール、教育委員会、社会福祉協議会、企業、実行委員会等主催の各催し物)








店舗イメージ

shop info.店舗情報

三籟堂(SANRAIDOH)

〒176-0024
東京都練馬区中村3-16-11-105
TEL.070-2664-7953
FAX.03-6760-0734